人生はおとぎ話のようにハッピーエンド : バシャール・ペーパーバック2

あなた方の社会に住んでいる人達にとっての最大のショックというのは、お伽噺だと今まで信じていたことが、実は真実であると気がつくことなのです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』80ページより引用させていただきました。

ここで言うお伽噺というのは、先の記事の自分が面白いと思うことをやって、それを完全に信頼してあげることで人生のマスタープランがわかるというのを指すんだと思います。

自分が面白いことをやって、自分がワクワクすることをやって、そうすれば幸運な偶然が続いて、最後にはハッピーエンドを迎えるというおとぎ話。

私たちの社会ではそんなおとぎ話のような話なんて現実にはあり得ないと言われる。

でもそんなおとぎ話のような人生こそが真実の人生だとバシャールは言いたいのだと思います。