すべての物質は、意識の現実化であって、意識からできている : バシャール・ペーパーバック2

すべての物質は、あなたの意識の現実化であって、あなたの意識からできているのです。あなたの投影なのです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』140ページより引用させていただきました。

この目に見えている全ても自分が見てそこにあると意識しているからそこにあるだけで、視界の中に何か物体があって、あああそこにあの物体は存在しているなと意識していても、その物体に意識がなければ、その物体にとっての現実は存在しない。

自分の存在とは無関係にこの現実は存在しているのか、それとも、自分が存在し意識を持っているからこそ現実は存在するのか。

あるいはどちらも同時に成り立つのか。

自分がこの現実に存在しなくなっても依然とこの現実は存在し続けるし、同時に自分が存在しなくなれば自分の意識からできている現実は消滅するということか。

この現実は皆が共同で見ている夢なのか、それとも、たったひとつの確固たる現実に生まれては消えるのが私たちなのか……、私にはわかりませんが。