魂であるときには、自分で考えたものが時間の遅れなく、すぐ現実になります。

あなたが魂であるときには、自分で考えたものが時間の遅れなく、すぐ現実になります。あなたが死ぬとすぐに、自分が死んだ時持っていた観念がそのまま現実となって現れてしまいます。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』199ページより引用させていただきました。

魂であるときは、信じたことが現実になる。
死後も直前まで信じていたことが現実として現れる。

この生きている現実も基本的には同じで、信じていることが実現する。
正しいと信じている考えが実現する。

生きている時も、魂になった時も、自分の現実の創造の仕方は同じってことですね。

生きている時の現実の方が制限が多く、魂になった時の現実の方が自由度は高い。

生きている時も魂になった時も、信じることが実現するという仕組みは興味深いです。

観念が現実を創造する。
生前も死後も。

現実では観念が実現するのには時間がかかるというのは重要ですね。

この現実にしても死後の現実にしても、信じていることが現実を創るというシステムは同じで、ただしこの現実ではそこに時間のずれが生じる。
時間のずれは望ましくない観念がすぐに実現してしまうのを防ぐクッションになると同時に、実現しかかっているのにそれに気づかない危うさ、もっと継続して観念を持ち続けていれば実現したのに、というもったいなさも持っている。