本当はひとつの感情しかありません。それは愛です。

本当はひとつの感情しかありません。それは愛です。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』217ページより引用させていただきました。

以下書いてあることをまとめてみます。

愛以外の感情は、「愛」の変化したもの。
そしてそれらの感情は個人個人の観念から生まれ出てくる。

自分が本来の中心にある時、愛以外の感情の必要性は低下する。
自分が中心にいる時には、光が輝きだし、情熱的でむらがない。

愛というのは、自分と自分のまわりにあるすべてのものに、自分が値するんだ、そういうものを受け入れていいんだという、トータルな見方。

憎しみというものは、自分にはそういった価値が足りないと思っている部分。
だから自分にはまだ価値があるんだというのが残っている。

罪悪感は、無価値観だとか、自分はそんなものには値しないんだという部分。

残りのいろいろある感情は、愛と罪悪感の間にある、いろいろなただの変化。