否定的なエゴというのは……

否定的なエゴというのは、自分自身で自分の人生をコントロールできない、自分にはそんな力がないんだと思った時に、顔を出してきます。エゴというのは、いろいろなものを分けるように、引き離すように働きます。そして、自分の中でひとつにしようとしないで、外のものを一生懸命動かすことによってそれを証明しようとします。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』241ページより引用させていただきました。

当たり前なんですがエゴのすべてが悪いわけではない。
否定的なエゴが文字通り否定的なだけです。

ある程度のエゴがないと人間は生きていけません。

否定的なエゴは、人生をコントロールできない、自分にはそんな力なんてないんだと思った時顔を出す……

思い通りにならなくて、しかも、自分には思い通りにする力さえもないと考えた時、否定的なエゴは出てくる。確かにそうだと思います。

エゴは分けようとする。あれとこれに分けようとする。
頭と心というように分けようとする。

否定的なエゴは、現実が映っている鏡に直接悪戯書きをして現実の在り様を変えようとする。

鏡の上に悪戯書きをしてもそれは現実を変えないのは明白です。
そして変わらない現実を見てさらにエゴは否定的になってしまう。