簡単に定義づけてしまうと、否定的なエゴ=パニックになります。

簡単に定義づけてしまうと、否定的なエゴ=パニックになります。わかっている人は、人生というものは、自分を通して自然に流れているということを知っています。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』241ページより引用させていただきました。

ザックリ言って

否定的エゴ=パニック

分かります、これ。

物事がうまくいかなくなり、さらにそれがもう自分ではどうしようもできないと考えると、思考が堂々巡りや袋小路にハマります。

あるいは決断がつかない。
どうしようか、どっちにしようかと迷い続ける。

そのうちに思考がオーバーヒートして耐え切れなくなってパンと爆発する。
パニックに陥ってしまう。

自分ではどうしようもない。悪いのは世の中だ。
でも悪い世の中を自分が変えていくのは無理だ。

じゃあどうする?どうする?どうする?……

その前提が、人生とは自分に降りかかってくるものだ。

なので、その前提を変えることが大切だと思います。

人生というものは、自分を通して自然に流れているものだ。