ワクワクってどういう状態なの?

エキサイトメントというのは「知っている状態」です。 自分に何が真理であるかを知っている状態。そして、それが心の平和です。 エキサイトメントは、ワイワイする時もあれば、静かな時もあります。 (中略) 自分のバイブレーションに合ったことをやっている時の、非常に一定した状態をいいます。心の平和というのも、自分にとって真実であることをすることによって得られます。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』252ページより引用させていただきました。

自分にとって何が真理であるかを知っている状態は、心に平和があると思います。安心していられます。

ただそれがエキサイトメント(興奮していること)とは結びつきにくいですね。

自分にとって何が真理であるかを知っている状態は、興奮している状態である……とは日本語の場合なりにくい気がします。

日本語の場合エキサイトメントは気持ちが高ぶって我を忘れそうになっている状態です。心の平和というより動物に戻るという感じです。

でもよく考えてみると動物に帰る自然に帰るとなれば、当然心に平和があることになります。

あるがままの動物、あるがままの自然には平和があると思います。
ただし、獲物を狙う動物は荒々しいし、荒天の自然も荒々しいです。

そのどちらもがあるがままの動物だしあるがままの自然です。

そういう意味では、エキサイトメント=ワクワク=自然
とも言えそうです。

自然な状態は心に平和があるが、いざ身の危険が及ぶときには、迅速に危険を回避します。

自然には静と動が共存しており静寂の中にも動があり激しい動きの中にも静寂があるのでしょう。

それが自然にとっての真理であり、自然にとってのワクワクとした状態なのかもしれません。

MIL22072//1