「努力をしない」という状態が自分がワクワクしていることをやっている、ということを知らせてくれる信号のようなもの

努力をしないでいろいろなことが起きる。「努力をしない」という状態が自分がワクワクしていることをやっている、ということを知らせてくれる信号のようなものです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック2―人生の目的は「ワクワク」することにある (VOICE新書)』253ページより引用させていただきました。

バシャールに一本とられたという感じです。(^_^;)
努力と感じるならそれはワクワクじゃない。

何々しなくちゃと考えながらそれをやっているのなら、それはワクワクじゃない。

努力をしないといっても、やるべき行動をやっていてのそれです。
やることはやってるが努力と感じないから努力をしていない。

やっていることが同じでもそれを努力と感じる人にとってそれはワクワクではない。

本人がそれを努力と感じないのだから、結果的には努力をしていないことになります。

一本取られました。