新しい定義づけを認識するだけで古いものと新しいものが入れ替わります。

これが欲しいという新しい観念を自分で見つけたら、新しい定義づけを認識します。認識するだけで古いものと新しいものが入れ替わります。 なぜならそれが起きるのは、あなたがそれを望んでいるからです。 望むだけで充分なのです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』35ページより引用させていただきました。

本当に望んでいることは自然に起こる、ということなんでしょうね。
あるいは逆に、いま現在の状況は、その結果だということでしょう。

ということは何らかの間違った考え方によって、悪いことが起きることを本気で望んでしまうこともあるってことでしょうね。

それが起きてしまったのは、それを望んでしまったから。
すべてを自分で創造しているというバシャールの言葉からすると、そういうことになります。

いや、違うのかもしれない。

ただ単にものの見方。
それをどう見るかが創造なのかもしれません。

すべては自分のものの見方なんだよ。
起こることは変えられない。
起こることは自分の手の届かないところにある。
だけど起こったことに対してどう見るかは自由にできる。
そのどう見るかが創造なのだと。

人はそれをどう考えるかしかできない。
考えそしてその後行動する。
この繰り返しなんだと。