相手がいても、直接的に関わっているのは、やはり自分自身なのです。 相手の意識を自分流の解釈で見ています。

相手がいても、直接的に関わっているのは、やはり自分自身なのです。 相手の意識を自分流の解釈で見ています。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』45ページより引用させていただきました。

この現実のすべては自分の見方自分の考え方が創り上げている。
だからすべての他人はすべて自分版の他人でしかない。

自分流解釈の他人しか存在しない。

そういう意味では、この現実は自分バージョンの現実。
ある意味、現実は夢であると言えるのだろう。