癖というのは、自分でこういう癖があると認識してしまったら、もう癖ではない

癖というのは、自分でこういう癖があると認識してしまったら、もう癖ではないのです。自分で知らないでやっているから癖なのです。 わかってもまだやっているとしたら、自分の中でどこかでこれをやらなくてはいけない、やめられないと思っているからです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』81ページより引用させていただきました。

知らないでやっているから癖なのであって、知っていてやるのは癖ではない。
もし知っていてやっているのであれば、自分の中にやらなくてはいけない、やめられないと思っている部分があるから。

分かっているけどやめられないってやつですね。
いつもの頭と心の分離です。

本来頭も心もひとつだとバシャールは言っています。
自分の中でひとつのものを部分部分に分けているのだと。

やったほうが良いと頭ではわかっていても、なかなか実際に行動に移せない、その逆バージョンと言ってもいいかもしれません。

やらない方が良いと頭ではわかっているのに、やってしまうのは、そういう選択をしてしまう最初の定義づけ、観念があるからだそうです。

まずその最初の定義づけ、観念を見つけてくださいとのこと。