すべての状況、すべてのものは、基本的には「中立」で、 どんな状況も、その中に決まった意味は持っていない

すべての状況、すべてのものは、基本的には「中立」です。 どんな状況も、その中に決まった意味は持っていません。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』83ページより引用させていただきました。

だからこそ人生は考え方次第でどうにでもなる。
すべては考え方。すべてはそれをどう考えるか。

「中立」でさえ意味づけのひとつ。
だからこそ、いかに物事に前向きで明るい意味付けを行うかが人生を生きるポイントになってくる。

人間は考える葦。
人間は意味づけをせざるを得ない生き物。
考え方が人間を決める。