この現実世界、物理的な世界は、自分がそれにどういう定義づけを与えるかによって変わってきます

この現実世界、物理的な世界は、自分がそれにどういう定義づけを与えるかによって変わってきます。 それを反映しているだけなのです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』85ページより引用させていただきました。

確かに人生において自分で自分の現実を決めつけている一面はありますね。

ある意味人生も人間社会も定義だらけです。
そして定義の上に定義を積み重ねています。

人生で何かが起こった時、もうすでに定義に照らし合わせています。
何々だからこれは悪いこと嫌なこと……

何々のはずがない。何々に決まっている。
何々すべきだ。何々は何々だと教えられてきた。

本当はそれに自由な定義を与えることができるのに。

最初から決めてつけて諦めたり、悪くとったり、しないようにしたいものです。