自分で自分の現実を選択するとは、 自分の中の一番強い観念で、同じ内容の現実をひきつけること。 一番強い観念が、一番強い振動だから。

自分で自分の現実を選択する、というのは次のようなことです。 自分の中の一番強い観念、先入観念が、意識的であろうが無意識的であろうが、同じ内容の現実をひきつけます。 なぜならば、一番強い観念が、一番強い振動だからです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』133ページより引用させていただきました。

現実の選択とは、自分の中のどの観念を一番強いものとするか。
そして一番強い観念は一番強い振動なので、同じ内容の現実を引き寄せる。

逆に言えば、自分の中の一番強い観念は、いま現在の現実を見ることによって知ることができる。

現在というのはある意味過去である。
もうすでにそうであるという意味である意味過去なのだ。

だから現在という過去をいじっても現実を変えることはできない。
真の意味の現在において自分の中の一番強い観念を変えることによって現実を変えることができる。

何を一番強く信じるかによって現実を変えることができる。
現実の選択とは、何を一番強く信じるかということ。