お金は「流すこと」にフォーカスする by バシャール

確かにお金それ自体にあまり価値はありません。
お金で野菜は切れません。
お金の中に住むことは出来ません。
お金を食べても、美味しくないです。
お金は服の代わりにはなりません。
ただの印刷された紙切れです。

それが、いろんなものと交換できるから価値があるんですね。
まったく何とも交換しないお金は、ただの紙にすぎません。

お金が本来は交換の手段であることを思い出せば、お金を「持っている」か「持っていないか」にフォーカスするのではなく、お金を「流すこと」にフォーカスがいくはずです。

以上、本田 健 (著), ダリル・アンカ (著), 江藤ちふみ (編集), 島田真喜子 (翻訳) 『未来は、えらべる! バシャール 本田健』P.112より引用させていただきました。

MIL14091