すべてのものは、無条件の愛のもとに起こります。 混乱や困難を創り出すのは「期待」です。 by バシャール

すべてのものは、無条件の愛のもとに起こります。 混乱や困難を創り出すのは「期待」です。 こうあるべきだという期待の部分です。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』162ページより引用させていただきました。

すべてはあるがままだしありのままだし自然です。
無条件に起こり無条件に存在している。

人間がそれに意味を付けるまではありのままに存在している。
しかしそれに良い意味付けをして「期待」した途端に混乱や困難を生み出してしまう。

「正しさ」もまた相手にそれに従うように「期待」を生み出す。
そして当然のように、それはまた混乱や困難をも生み出す。

起こるものは起こる。
起こるものは起こるべくして起こっている。

しかしそれらは本来中立でただそれだけのこと。
私達がそれに意味を付けるまでは、ただそれだけのこと。

ありのままを崩そうとしたとき、混乱や困難が生まれる。