みなさんの「自分は誰か」という存在の表現、波動が「ワクワク」です。 by バシャール

みなさんの「自分は誰か」という存在の表現、波動が「ワクワク」です。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』206ページより引用させていただきました。

自分は誰か?自分は何者なのか?

ワクワクすることをいつも行動に起こしている存在が自分。
いつもワクワクとしている存在が自分。

だとすれば、何のために自分は生まれたのだろう?の答えも、ワクワクするため、となるのかもしれない。

いったい私は何をすればいいのだろう?の答えも当然、ワクワクすることをすればいい、となるはずです。

私たちはワクワクする人生を生きるために生まれてきた。