自分の歩むべき道を歩むことは、本当は簡単なのです。 by バシャール

自分の歩むべき道を歩むことは、本当は簡単なのです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』207ページより引用させていただきました。

「自分は誰か」という存在の表現が「ワクワク」です。
自分の存在の周波数を肉体的なレベルに翻訳した言葉が「ワクワク」です。

それがみんなを導いていく信号となります。

だから本当は、自分の歩むべき道を歩むのは簡単なのです。
気持ちはひとりでにワクワクしてくるものなのです。

バシャールがみんなにワクワクすることをやってくださいというのは、そういうことなのです。

いつもワクワクしている自分が本当の自分なので、ワクワクしていれば正しい道を歩いているし、ワクワクしていなければ間違った道を歩いている。

もし間違った道を歩いていれば、ただワクワクする道の方を歩きだせばいい。
私たちはワクワクするために生まれてきたのだから。