ワクワクしているとき、自分が他の人を輝き照らしていることがわかります。 by バシャール

ワクワクしているとき、自分が他の人を輝き照らしていることがわかります。生きている光だということを、他の人に示すことができるのです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』208ページより引用させていただきました。

面白いですね。

自分にスポットライトを当てると周りに自分の影が出来ますが、自分が輝けば影は出来ません。

自慢とかアピールは自分にスポットライトを当てることになるので、影というネガティブな一面も現れます。

しかし、自分が輝けば、自慢とかアピールとかではなく、ただ輝いていれば、それは光となって他者を明るく照らします。