ワクワクすることを始めるとき、「自分自身が誰か」を示すことを自然にやっているので、やることが努力なしに進むようになる

自分がワクワクすることを始めるとき、(中略)第二に、自分のやることが、努力なしに進むようになります。 「自分自身が誰か」を示すことを自然にやっているからです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』208ページより引用させていただきました。

自分の好きなこと楽しいことをやっている時、時間はあっという間に過ぎていきます。

そして自分の好きなこと楽しいことであっても、他人から見ると、努力を要することであるように見えることもある。

ワクワクすることをやっている自分が本当の自分で、自分自身は誰かを示すことをやっているから、それは決して努力とは感じない。

努力とは感じないからこそ、自然にやっていける。