自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、本当の自然な自分を出していないときです。 by バシャール

自分の欲しいもの、必要なものが入ってこないときは、本当の自然な自分を出していないときです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック3―ワクワクするとき、ひとはもっとも多く学ぶ (VOICE新書)』208ページより引用させていただきました。

ハッとする言葉ですね。
同時に「そうか!」って気づかされる言葉でもあります。

それほど人は本当の自分を隠して生きている。

本当の自分を出すことを怖れている。
本当の自分に自信がない。

そうあるべき自分で生きてしまう。
他人の期待像の自分で生きてしまう。