ここにパラドックスがあります。 自分でできる限りの個性を持った人間になったとき、自分の個性を百パーセント発揮したときに、全体とひとつになることができるのです。 by バシャール

ここにパラドックスがあります。 自分でできる限りの個性を持った人間になったとき、無論他の人を犠牲にしてということではありませんが、自分の個性を百パーセント発揮したときに、全体とひとつになることができるのです。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック4―ワクワクこそが、ひとを深くいやす力がある (VOICE新書)』22ページより引用させていただきました。

自分を出すべき時と出さないほうが良い時ってありますよね。
それは時と場合と個人の事情によって変わってきますが。

自分を出すべき時があるし、自分を出した方が良い時もありますね。

個性を消して集団に溶け込むのもメリットがないわけではありませんが、そういう集団は案外もろいのかもしれません。

ひとつのようであってひとつではないのかもしれません。