過去は変えられる

過去を現在において変えることができます。 なぜならば、未来に向かっても、過去に向かっても、無数の組み合わせの人生があるからです。 そのどれを選ぶこともできます。 自分の今の波動を決めることによって、それがなんであれ、それに応じて過去と未来から現在の自分に「影響するもの」が変わります。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』141ページより引用させていただきました。

まずは過去も未来もすべていまここの現在に存在しているというのが前提です。
すべてのパラレルワールドはいまここにもうすでに存在している。

パラレルワールドを映画やドラマのDVDだと考えると、あらゆることを描いた映画やドラマはもうすでにいまここに無限に存在していて、そのどれを見るのも自由。

過去においてどのような映画やドラマを観たか、未来においてどのような映画やドラマを観るか、それらはあまり重要ではない。

いまここでどのような映画やドラマを観ているかが一番重要。
過去に観た映画やドラマには囚われずに、いまここでワクワクするような映画やドラマを観て楽しめばいい。