今ここを精一杯生きることが、自分の行きたいところに行く一番の近道

今ここにいる自分を精一杯生きることが、自分の行きたいところに行く一番の近道です。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』157ページより引用させていただきました。

理由があって今ここの自分がある。
原因があって今ここの結果がある。

その理由や原因を無視して行きたいところを目指すより、理由や原因の意味を考えてそれらを前向きにとらえてチャレンジと考え、今ここを精一杯生きる方が結局は近道になる。