「不安」と「ワクワクする気持ち」は、本当は同じエネルギー。 自分が分離して疑いを持つとき、それは、不安になり、自分が統合されていて、自分を信頼しているとき、それは、ワクワクする気持ちになる

「不安」と「ワクワクする気持ち」は、本当は同じエネルギーなのです。 自分が分離して疑いを持つとき、それは、不安になり、自分が統合されていて、自分を信頼しているとき、それは、ワクワクする気持ちになります。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』262ページより引用させていただきました。

それをどう考えるか、どう見るか、どう意味づけるか、どういう公式だとみるか、どういう観念を抱くか。

それによって生まれる感情が変わってくる。
それが同じであっても、意味づけによって、不安になったりワクワクになったりする。

すべてに意味がありすべてはひとつにつながっていると考えるとそれに対して自分の成長のためだと考えてワクワクしてくるが、自分はすべてに無関係に分離して存在していると考えると、なぜこんな嫌なことが起こるんだろう?とそれに疑いを持ち不安な気持ちになってしまう。