テレポートするためには、もしくは、自分を異なる場所に再生するためには、瞬間的に肉体を持たない状態になることが必要

テレポートするためには、もしくは、自分を異なる場所に再生するためには、瞬間的に肉体を持たない状態になることが必要です。

以上を、バシャール (著), ダリル・アンカ (著), 関野直行 (翻訳)『バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)』278ページより引用させていただきました。

私たちの動きは実は非常に小さなテレポートの積み重ね。
その意味ではいつも私たちはテレポートしている。
途中を抜かして点Aから点Zまでテレポートも可能。
Zに着いたとき自分が持っているであろう波動に、今の自分の波動を合わせた時、地点Zへとテレポート出来る。
地点Aにいる時、地点Aの固有振動数に自分の波動を合わせている。
地点Zの固有振動数に自分を強く一致させることで地点Zにおける自分の波動となることできる。あとはただ自分をそこに行かせてあげればいい。
しかし私たちはエゴにしがみついているため、ほんの一瞬でも「今の自分」から離れることが出来ない。
エゴは物理次元の中にしか存在しない。
そこから一瞬でも自分が完全に退くということは、自分が消滅することだと思い込んでいる。
なので、途中を抜かして大掛かりなテレポートを行うためには、エゴの部分を無条件の愛でもって安心させてあげる必要がある。